Welcome, UCWD-Studio.

What is UCWD-Studio?

UCWD-Studio.は合同会社ブリューア・リンクス共同代表でもある @matsuoka_UCWDjp の個人プロジェクト・サイトとして主に、仕事を通して得たWeb技術や仕事の進め方などに関する知見・経験の整理や個人的に興味のある技術などを調べた内容をアウトプットしています。

主なコンテンツ・外部サイト

blog
現在のUCWD-Studio.の主力コンテンツです。主にWeb関係の技術的な記事(最近は PHP や WordPress の話題が多め)や読んだ本の感想などが中心です。
普段のお仕事について
個人事業としてのUCWD-Studio.から発展した合同会社ブリューア・リンクスをご紹介させてもらっています。ホームページ制作・Webシステム開発を中心としたWebビジネス戦略における課題をお持ちの企業様やWeb担当者の方、どうぞお気軽にお問合せください
Twitter
Twitterでは情報収集中に気になったWeb系の情報をツイートで紹介しています。基本的にはWeb系の話が中心なんですが、時々、将棋の話だったり海外サッカー・アメフト、アニメの話が突然混ざり込んだりしていますw
Clip Archives@UCWD-Studio.
Tumblrで公開してるページです。では情報収集中に気になった情報の内、個人的に琴線に触れた部分をクリップしています。

今後はオフタイムに趣味で開発してるWebプロダクトの紹介などができるように頑張ってますw

ABOUT ME

MATSUOKA Takashi@UCWD-Studio.
Name
松岡 孝
所属
合同会社ブリューア・リンクス
職業
合同会社ブリューア・リンクス共同代表
Webディレクタ(やや技術寄り / Perl, PHP, JavaScript, etc.)

最近のblog更新履歴

2017年08月09日
Ubuntu 14.04 サーバの SSL の設定を見直す

Ubuntu12.04から14.04へアップグレードしたサーバのSSLの設定がほぼ初期状態に戻っていたので、SSL Server Test (Powered by Qualys SSL Labs)の評価を元に設定し直しました。SSLを有効にしただけでは足りない設定も多いようなので見直しておきたいところです

2017年07月03日
プロビジョニングツールと Itamae についての雑感

プロビジョニングツールとか Infrastructure as Code に興味があったので、今回は Ruby製の Itamae を試しました。具体的な使い方よりもプロビジョニングツール や Infrastructure as Code についての雑感をまとめてみました。

2017年05月12日
Web制作に関わる皆さんにお勧めしたい良書 – デザイニングWebアクセシビリティ

今回取り上げる「デザイニングWebアクセシビリティ」は発売されてからしばらく経つ本ですが、Webの本質であり最低限満たされるべき土台でもあるWebアクセシビリティへ本格的に触れていく上で指針となってくれる良書です

  • では一体なぜ、無能はなくならないのだろうか。

    結論から言うと、「無能は、個人に紐づくのではなく、組織に紐付いているから」である。

    無能は、個人の能力の欠如ではなく、組織の能力の欠如に基づくので、個人を排除しても、いつまでも無能は組織に残り続ける。

    逆に言えば、無能な組織は、無能(とみなされる)個人を生み出し続ける。

    中小企業の経営者で「うちには優秀な人が来ない」と嘆く人がいるが、それは「私のマネジメントは無力だ」を言い換えているに過ぎない。

    したがって、組織が「ミス」を人間の能力の欠如が原因だとしている限り、無能は組織からなくならない。

    無能にペナルティを課しても、無能は組織からなくならない。では、どうするか。 | Books&Apps

    09/14/17

  • 「支持率が高かった間違った学習法」の例としては、   テキストを何度も読み返す:テキストの再読は受け身の学習法なので、さほど効果がないことが実証されている。テキストを再読するなら、フラッシュカードなどを使ってクイズ形式にしたほうが断然効果は高い。   重要ポイントにアンダーラインを引きながらテキストを読む:大量の実験で何度も否定されている(2)。ベストなテキストの読み方は、文章を追いながら「自分の言葉で言い換えてみる」って作業をくり返すこと。   みたいな感じ。

    科学的に否定された「間違った学習法」がいまだに使われすぎている問題 | パレオな男

    「人に教える」は「自分の言葉で言い換えてみる」だから学習効果が高いわけだ。

    <

    p>(via ataru-mix)

    08/30/17

  • こうした現状において最も有効な対処方法は、セキュリティ脆弱性が発見され、修正がアップデートされたらすぐに適用する(そして再起動する)ことなのは、間違いない。セキュリティ脆弱性はどうしてもどこかで出てしまうものであり、最良の対策は「できるだけ早く修正すること」というのは、今後も続くだろう。アップデート作業が厄介なのは否めないが、この点についてはあきらめて現実を受け入れ、むしろアップデート作業がすぐ終わるようにルーチン化してしまうのが良いと思う。
    【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [47] セキュリティアップデートについて考える(その3)|サーバ/ストレージ|IT製品の事例・解説記事

    08/30/17

  • 努力には、「どれだけ」がんばるか以外に、「何を」がんばるか、「どう」がんばるか、という方向性があるということ
    諦める力~勝てないのは努力が足りないからじゃない / 為末 大 (via qsfrombooks)

    08/29/17

  • ニーチェ「深淵をのぞく時、深淵もまたこちらをのぞいているのだ」
    「もっと分かりやすく言って」
    ニーチェ「アンチの意見ばかり見ていたら自分までアンチになってしまうぞ」
    「分かりやすい」
    Twitter / YSRKEN (via futureisfailed)

    08/27/17

  • ■教授に教えて貰った考え方(備忘録)


    とても尊敬する教授に、仕事に関する悩みをぶちまけたら言われたことを、忘れないようにメモしておく。

    ・上司の仕事は、部下をうまく使うことである。
     うまく君を使えないのは、上司の責任である。

    ・上司の評価がとてつもなく悪かったとして、でも違う上司の評価がとてつもなく良かったとしよう。
     上司の上司は、これを見て、二人を呼び出して話し合わせるだろう。
     君が本当に使えなければ、君を悪く評価した上司が正しい評価を下した優秀な人ということになる。でも、君が使えれば、そいつは間違った評価をくだした使えない人となる。
     それがどう転ぶかは、君次第だ。

    ・仕事の根本は、「どれだけ自分を成長させられるか」だ。
     金をもらって、勉強してると思えばいい。

    ・「上司の言うことは絶対だ、下はヘコヘコしてろ」という上司もいるだろう。  個性を殺そうとする上司もいるだろう。
     でも今の時代、言われた通りにやるなんていう、機械にもできることをやるような仕事なんて、やってはいけない。
     本当に頭を使って、クリエイティブな人ほど、これからの時代は重宝される。それを殺してはいけない。  

    ・仕事をしない、使えない上司ほど最高だ。
     なぜなら、上の役職の仕事を、責任を負わずに出来るから。

    ・何かを言う時は、いつも根拠を探しておけ。
     根拠さえあれば、相手は何も言えない。

    ・とりあえず、人のいうことは気にするな。
     10注意されたら、そのうち2治せれば上出来。
     ただ、その重要な2を選ぶのは君だ。重要なことを見分けるスキルを磨け。

    ・どんだけしくじろうと嫌われようと、最悪クビになるだけだ。
     だったら、「クビにしてみろ」という気持ちで働けばよい。
     一人でも君を気に入っている上司がいる限り、君をクビにはできない。

    ・ロールモデルを持っておけ。
     何か起きたら、「ロールモデルだったらどうするだろう」と考えるんだ。

    ・人は皆優秀であり、個性があるから素晴らしい。
     良いところを、社会に殺させてはいけないよ。  

    ・私は昔から、変わっていると言われていたが、変わっているからこそ評価してくれた人はいた。
     私の人生を変えてくれたのは、そこで評価してくれた上司や先生たちである。

    ・結局は運であり、直感であり、縁である。
     私も人生がこうなるだなんて、予想もしていなかった。

    ・バカが言ったことを、バカだからと言って聞かないのは、バカがすることだ。  その人にもその人なりに考えがあるはずで、それを考えた上で、正しい部分だけ認めなさい。

    ・つまらない仕事でも、面白い部分を探しなさい。
     面白い部分がどうしても見つからなかったら、上司に正直に言いなさい。

    ・自信を持って、ポジティブに生きなさい。
    教授に教えて貰った考え方(備忘録) (via uinyan)

    08/20/17

  • photo from Tumblr

    08/13/17

  • 「リーダーとは、目標を定め、優先順位を決め、基準を定め、それを維持する者である」 つまり、リーダーとは旗振り役であり、メンバーの進むべき道を示すのが最大の役割なのだ。
    育てる技術 / 石田 淳 (via qsfrombooks)

    08/08/17

  • なぜ、日本はこのように感情が優先されるのだろう。

    これは、日本の「同調圧力」「空気を読む」といった独特な考え方に根差したものだと思う。

    みんなが同じ考えであることを前提としているから、同じ考えの者同士は徒党を組んで、ちがう意見の者を攻撃する。みんなが賛成なのに反対する「空気が読めない輩」は、厄介者扱いされる。

    意見がちがう=和を乱す悪者であり、敵なのだ。

    そういう思考回路だと、敵には容赦なく攻撃するし、「自分が正しいから相手は間違えている」という極論に走るようになる。

    意見がちがう人=敵だと考えている限り、双方は意見はひたすら平行線をたどるし、議論ではなくただの意見の押し付け合いになる。

    議論をする技術が、「ちがう意見=敵」と思ってしまう日本人には必要だ。 | Books&Apps

    07/28/17

  • レベル低いというのは悪いことではなくて、本人さえ満足ならそれで最高である。しかしながらレベルの低さを他人に強要したり、正当化しはじめるとおかしなことになる。こういうことは誰でもしてしまうことでもあるんで、お互いに気を付けて生きていきたいものですね。

    ミニマリストがうさんくさかったり、うっとうしかったり、嫌われたりする理由 - 山下泰平の趣味の方法

    (via suchi)

    07/28/17