Welcome, UCWD-Studio.

What is UCWD-Studio?

UCWD-Studio.は合同会社ブリューア・リンクス共同代表でもある @matsuoka_UCWDjp の個人プロジェクト・サイトとして主に、仕事を通して得たWeb技術や仕事の進め方などに関する知見・経験の整理や個人的に興味のある技術などを調べた内容をアウトプットしています。

主なコンテンツ・外部サイト

blog
現在のUCWD-Studio.の主力コンテンツです。主にWeb関係の技術的な記事(最近は PHP や WordPress の話題が多め)や読んだ本の感想などが中心です。
普段のお仕事について
個人事業としてのUCWD-Studio.から発展した合同会社ブリューア・リンクスをご紹介させてもらっています。ホームページ制作・Webシステム開発を中心としたWebビジネス戦略における課題をお持ちの企業様やWeb担当者の方、どうぞお気軽にお問合せください
Twitter
Twitterでは情報収集中に気になったWeb系の情報をツイートで紹介しています。基本的にはWeb系の話が中心なんですが、時々、将棋の話だったり海外サッカー・アメフト、アニメの話が突然混ざり込んだりしていますw
Clip Archives@UCWD-Studio.
Tumblrで公開してるページです。では情報収集中に気になった情報の内、個人的に琴線に触れた部分をクリップしています。

今後はオフタイムに趣味で開発してるWebプロダクトの紹介などができるように頑張ってますw

ABOUT ME

MATSUOKA Takashi@UCWD-Studio.
Name
松岡 孝
所属
合同会社ブリューア・リンクス
職業
合同会社ブリューア・リンクス共同代表
Webディレクタ(やや技術寄り / Perl, PHP, JavaScript, etc.)

最近のblog更新履歴

2018年01月08日
ホームページのビジネス活用を考える上で押さえたい一冊

2017年末に発売された「勘違いをなくせば、あなたのホームページはうまくいく ~成果を上げるWeb制作・ネット集客・販促戦略の心構え」の書評です。ホームページのビジネス活用を任されたWeb担当者や、それを支援する制作会社の案件担当者双方にとって指針を与えてくれる一冊です。

2017年11月14日
Twig を使い始める最初の一歩

今回も軽めの記事で、PHPの仕組みでテンプレートエンジンTwigを採用することになったけど、サーバ(あるいはプロダクト)にインストールするところからなんです>< っていう感じのケース向けに最初の一歩をまとめてみました

2017年10月31日
メディアライブラリの入力項目【PDF, 他】

これまでの過去2回の記事で WordPress の記事にメディアを挿入した場合の扱われ方を、画像・音声・動画で見てきました。今回は同じテーマで PDF とその他のメディアファイルの場合についておさらいしてみます。

  • もちろん礼儀だけがすべての原因ではないと思うが、「自分自身をアップデートしようとしない」ことと「生き残り続ける硬直化した日本的システム」を重ね合わせると、今の日本社会の負の側面として、どこか腑に落ちるところがある。

    礼儀という「暗黙知」と「同調圧力」の塊が、日本企業のシステムをアップデートできない“足かせ”になっているのだとすれば、こんなに無駄なことはない。

    日本人は礼儀もアップデートできていない。礼儀2.0世代が感じる「相手の時間を奪う」非効率なマナー | BUSINESS INSIDER JAPAN

    05/16/19

  • 誰かのために作ったものは案外、他の誰かの役に立つ。そんな風にして私たちは、身の回りのものをデザインし、技術を発達させ、またそのデザインによって自身を発達させていく。
    すべては ラブ・ソング|Fenrir Designers

    04/26/19

  • 世の中には、過激な言葉・攻撃的な言葉・大げさな言葉を頻繁に使う人がいる。

    そういう人は一見「強い」ように見えるけれど、 ほんとうは「弱い」んじゃないだろうか。「弱い」からこそ、過激な言葉を使わざるを得ないんじゃないだろうか。

    過激な言葉を使う弱い人(コミュニケーションのヒント)|結城浩

    04/25/19

  • つまり、極端な言い方をすれば、

    日本では、サラリーマン経営者が、市場調査と長時間の会議で作り上げた「誰が見ても作るべきエビデンスの揃った製品」の仕様書を子会社に丸投げして、それを劣悪な労働環境に置かれたIT土方たちがプログラムに落とし込むという形でソフトウェアが作られている。

    米国では、プロスポーツ・チームのアスリーツのような待遇のソフトウェア・エンジニアたちが、経営者の(世の中が何を必要としているか、会社はどこで勝負すべきかなどの)メッセージに耳を傾け、(仕様書などに頼らず)作り出したソフトウェアの中から、「ダイアの原石」と呼べるものを経営者が見出して製品化するという形でソフトウェアが作られているのです。

    日本のIT産業は、なぜ世界に通用しないのか|中島聡|note

    04/25/19

  • 多くの場合、経営者の心の中では早い時点で方向性は決まっているのですが、それを全員に納得してもらうための、そして、その決定はトップの独断では無くデータに基づいたものだ、と言う「エビデンス作り」に膨大な時間とエネルギーが費やされるのです。
    日本のIT産業は、なぜ世界に通用しないのか|中島聡|note

    04/25/19

  • photo from Tumblr

    nihongo:

    ほんとに、そうだよね。

    04/12/19

  • 本当に、面白い人間というのはコンテンツの感受性がずば抜けて高い。
    「感度が高い」とは、要するに「オタクである」ということである。 | Books&Apps

    04/11/19

  • 筆者はこうした慎ましげな家庭っぷりを披歴したうえで、「自分は中流である」と自称している。

    確かに中流ではあろう。

    だが私に言わせれば、この筆者が中流である最も重要なポイントは、年収の額でも趣味や化粧にお金を費やしている度合いでもない。

    「選択的投資」を理解していること、そしてそのようなハビトゥス(習慣)を親や学習環境からしっかり継承していることが、筆者が中流である徴候とみる。

    中流かどうかは、年収ではなく精神性で決まる | Books&Apps

    04/11/19

  • まもなく「ポスト平成」の時代が幕を開けます。そこでは、誰もが同じ未来を見据え、同じ目的に向かって邁進することに迷いのなかった高度成長期とは違う生き方が求められるでしょう。一人一人が本当に心を躍らせることのできる理想を探し、その経験や感覚を大切にしながら、同時に他の人の楽しさをも尊重して生きていくべき時代です。みなさんには、たとえこの先、忙しさに追われがちな日々を送ろうとも、「自分は今、心躍らせることのできる仕事や活動をしているのか」と自分に問うことを、是非忘れずにいてほしいと思います。
    平成30年度卒業式総長告辞 | 東京大学

    04/01/19

  • 私たちは、ついつい自分が主流派・多数派に属していると思い込むことで安心を得ようとします。翻って、自分と異なる他者に対しては「変わり者」や「異端」のレッテルを貼りがちです。一方で、多数派に属しているつもりだった自分が、何かのはずみで突然「異端」の側に立たされてしまうという事態が、いとも簡単に起こりえるのです。だからこそ、多様性を尊重するということの重要性を、常に強く意識しなければならないのです。
    平成30年度卒業式総長告辞 | 東京大学

    04/01/19