Welcome, UCWD-Studio.

What is UCWD-Studio?

UCWD-Studio.は合同会社ブリューア・リンクス共同代表でもある @matsuoka_UCWDjp の個人プロジェクト・サイトとして主に、仕事を通して得たWeb技術や仕事の進め方などに関する知見・経験の整理や個人的に興味のある技術などを調べた内容をアウトプットしています。

主なコンテンツ・外部サイト

blog
現在のUCWD-Studio.の主力コンテンツです。主にWeb関係の技術的な記事(最近は PHP や WordPress の話題が多め)や読んだ本の感想などが中心です。
普段のお仕事について
個人事業としてのUCWD-Studio.から発展した合同会社ブリューア・リンクスをご紹介させてもらっています。ホームページ制作・Webシステム開発を中心としたWebビジネス戦略における課題をお持ちの企業様やWeb担当者の方、どうぞお気軽にお問合せください
Twitter
Twitterでは情報収集中に気になったWeb系の情報をツイートで紹介しています。基本的にはWeb系の話が中心なんですが、時々、将棋の話だったり海外サッカー・アメフト、アニメの話が突然混ざり込んだりしていますw
Clip Archives@UCWD-Studio.
Tumblrで公開してるページです。では情報収集中に気になった情報の内、個人的に琴線に触れた部分をクリップしています。

今後はオフタイムに趣味で開発してるWebプロダクトの紹介などができるように頑張ってますw

ABOUT ME

MATSUOKA Takashi@UCWD-Studio.
Name
松岡 孝
所属
合同会社ブリューア・リンクス
職業
合同会社ブリューア・リンクス共同代表
Webディレクタ(やや技術寄り / Perl, PHP, JavaScript, etc.)

最近のblog更新履歴

2017年05月12日
Web制作に関わる皆さんにお勧めしたい良書 – デザイニングWebアクセシビリティ

今回取り上げる「デザイニングWebアクセシビリティ」は発売されてからしばらく経つ本ですが、Webの本質であり最低限満たされるべき土台でもあるWebアクセシビリティへ本格的に触れていく上で指針となってくれる良書です

2017年04月17日
WordPress の管理画面のメニュー項目を非表示にする

WordPressでちょっとした小ネタです。管理画面のグローバルメニューから任意のメニュー項目を非表示にする方法をまとめました。

2017年03月04日
MySQL のテーブルの文字コードを utf8 に変更する

MySQLの小ネタです。my.cnfの設定を忘れて稼働させた結果、新規作成したテーブルの文字コードがlatin1になったテーブルをutf8に設定変更する方法をまとめました。

  • ただ、DevOpsを推進するためには、その企業や部署の人たちが、従来の「依頼するだけ」の開発手法から「一緒に開発するという文化に変わっていく」必要があります。

     実際、「DevOps+アジャイル開発」を進める上での最大の障壁は、「企業文化(部署文化)」ではないかと考えています。どんなに素晴らしい方法も、その考えを理解し、一緒に動いてくれる人たちがいなければ成り立ちません。

    DevOps導入で知っておきたい最大の障壁とは? - ITmedia エンタープライズ

    06/08/17

  • photo from Tumblr

    サービス残業撲滅で、結局割りを食ったのは、若手の技能の低い人であり、30前後の中堅社員だった。 | Books&Apps

    05/08/17

  • 04/14/17

  • 「勝つまでやれば最後には勝つ」というのは、一つの場所ではなく、いろんな場所で勝負する人にだけ訪れる言葉
    「やればできる」はウソ。勝負からの撤退を決意する事の大切さについて。 | Books&Apps

    04/11/17

  • photo from Tumblr

    人間関係をうまく行かせるには、知識を無駄に見せない。すこし疑問を投げかけるだけでいい。 | Books&Apps

    03/19/17

  • いかんせん取り巻く技術の変化スピードが早いので、技術に目を取られがちです。非常に「手段の目的化」に陥りやすい、そういう状況が今のWeb/IT業界
    【2016振り返り】一番悔しかったのは「1日1日を大事にできなかった」こと - ラウンドナップWebコンサルティング

    03/19/17

  • 「経営者が成長しない限り企業も成長しない」ということもまた真理です。起業1年目よりも3年目の方が、3年目よりも5年目の方が経営者として成長するからこそ、企業は良い方向に進みます。経営者は、ともすると「自分は最初からこうだった(この実力があった)」と勘違いしがちなのですが、いろいろな経験を踏まえて成長してきたからこそ今の自分があるのです。
    経営力・マネジメントを強化する | Think IT(シンクイット)

    03/17/17

  • 自分たちのことを把握し、お客様に何を提供したいのかを決め、そこから、こういう情報を出さないとお客さんは自分たちの商売についてわかってくれないし、他の同じような商品を出している会社と比べて選んでもらうためにはこういう情報が必要だし、こういうスタンス、デザイン、色使い、こういう場所に自分たちの情報を露出していかないといけないだろうと、そして一端を得たお客様にはこういう情報を提供していかなければならない、こういうフォローをしていくことによってもっと自分たちのサービスや商品を活用してもらってファンになってもらえるだろうと、このような流れで作っていくのが、ウェブ上のマーケティングなのです。
    第101回:ホームページは鳥の目線で。魂がなければ意味がない - Webコンサルタント中山陽平

    03/16/17

  • ホームページは営業マンで、一人の人というイメージを持っている方が多いと思います。それはそれで良いと思いますが、もっと会社にとって大きな存在としてホームページを見てあげるべきだと思います。また、そのほうが成果につながりやすいです。

    具体的に何かというと、ホームページというものは人ではなく、会社の分身、支店というイメージで捉えていただくことを強くおすすめします。会社の経営方針、経営理念などを下敷きにしてそこから、こういう見せ方でこういう人たちに届けないと売れない、売れたとしてもお客様の満足度が上がらないからリピーターがつかない、顧客化ができないというところにつながっていきます。

    まず、いきなりコンテンツはこういうものを作ろうとか、あるいは内部からこういう情報を発信したいからこれを載せますといった、載せたいものをまずざっと出すような形ではなく、そもそも自分たちは世の中でどのようなことをして、どのような価値を提供できるのかといったところから考え直すことをおすすめします。

    第101回:ホームページは鳥の目線で。魂がなければ意味がない - Webコンサルタント中山陽平

    03/16/17

  • やはり実際に作るところでいろいろな戦略を立てますが、それがうまく運用されないまま放置されてしまうのがとても悲しかったのです。なぜ運用されないかというと、やはりなぜこのコンテンツがあるのか、なぜこのようなデザインなのか、そういったことを共有できていないということです

    根本的な考え方、ウェブマーケティングについてのいちばん大事な基本の考え方、例えばお客さんはどのように動くのか、お客さんは何を気にしてその業界について調べているのか、そしてそれはどう変わっていくのか、どう調べるのか、どう感じ取り、どういうものを作ってウェブサイトを大きくしていかなければならないのか、そういったことを共有できていないゆえ、その後の運用のイメージがまったくわかないのです。

    第100回:私がプロセスシェア・Webコンサルティングを行う理由 - Webコンサルタント中山陽平

    03/16/17